このサイトについて

JX金属戦略技研株式会社(以下「当社」といいます。)が管理・運営するウェブサイト(以下「当サイト」といいます。)にアクセスいただきありがとうございます。当サイトを利用される前に、次のご利用条件をお読みいただき、これらの条件に同意された場合のみご利用ください。ご利用いただいた場合は、以下の条件にすべて同意いただいたものとさせていただきますのでご了承願います。

  • サイト名称とURL

    当サイトとは次のウェブサイトを指します。
    JX金属戦略技研(https://jxrits.com/

  • 著作権·商標など

    1. 当サイトに掲載されている情報、内容、商標、ロゴマーク等に関する著作権、商標権、その他の知的財産権は特に明記されていない限り、当社に帰属します。
    2. 当サイトに掲載されているコンテンツ(文書、映像、音声、プログラム等)は、著作権法、関連条約·法律で保護されています。これらのコンテンツについて、私的利用その他法律によって明示的に認められる範囲を超えて、権利者の許可なく複製·転用等する事は法律で禁止されています。
    3. 事前に当社から文書による承諾を得ることなく、私的利用その他法律によって明示的に認められる範囲を超えて、これらの一部又は全部をそのままあるいは改変して転用、複製することを禁止します。
  • 禁止事項

    1. 当社または第三者に対し、不利益もしくは損害を与える行為、財産もしくはプライバシーを侵害する行為、名誉もしくは信用を毀損する行為、またはそのおそれのある行為。
    2. 公序良俗に反する行為、犯罪行為または犯罪に結びつく行為、またはそのおそれのある行為。
    3. 他人の電子メールアドレスを登録する等、虚偽の申告、届出を行う行為。
    4. 営業活動または営利を目的とする行為、またはその準備を目的とする行為。
    5. コンピュータウィルス等有害なプログラムを使用もしくは提供する行為、またはそのおそれのある行為。
    6. 法律、法令または条例に違反する行為、またはそのおそれのある行為。
    7. その他当社が不適切と判断する行為。
  • 準拠法および裁判管轄

    当サイトの利用並びにこの利用条件の解釈及び適用は、他に別段の定めがない限り、日本国の法律に準拠するものとします。当サイトの利用に係る一切の紛争については、他に別段の定めがない限り、東京地方裁判所を専属管轄裁判所とします。

  • 当サイトへのリンク

    当サイトへのリンクは、次の条件を満たしている限り、原則として自由(リンクフリー)です。申請の必要はございませんが、当社の趣旨に合わない場合や当社の事業や信用を害する恐れがある場合は、事後においても、リンク自体をお断りいたします。

    1. リンクを設定する箇所には、当サイトへのリンクである旨を必ず明記してください。
    2. いわゆるフレームリンクなど、当サイトの内容を他のコンテンツと組み合わせて表示するリンク、及び当サイトの内容が単独で表示される場合であっても、リンク元のホームページの一部として表示される形のリンクはお断りします。
    3. その他、一般に当社の信用にかかわるようなリンクの仕方はご遠慮ください。
  • 当サイトから他社サイトへのリンク

    当サイトからリンクを張っている当サイト以外のウェブサイトは、それぞれの法人又は個人の責任において管理·運営されており、当社の管理下にあるものではありません。当社は、リンク先のウェブサイトの内容について、また、お客様がリンク先のウェブサイトをご利用になったことにより生じた、いかなる損害についても一切責任を負うものではありません。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用ください。当社は、あくまでもお客様の便宜のためにこれらのウェブサイトへのリンクを提供しているにすぎません。また、これらのリンクは、当社とリンク先のウェブサイトを管理·運営する法人·個人との間に、必ずしも提携·協力等の特別な関係があることを意味するものではありません。

  • アクセシビリティ

    当社では、どなたでも使いやすく正確に情報を取得することができるウェブサイトの運営に努めています。

  • 主な取り組み例

    音声ブラウザにも考慮し、正確な読み上げができるようにページを作成しています。
    文字サイズはお使いのブラウザによって、読みやすい大きさに変更が可能です。
    文字色と背景色には適切なコントラストをとり、読みやすくしています。
    分かりづらい専門用語や英語を乱用せず、どなたでも理解しやすい文章になるように配慮しています。
    画像には代替となるテキスト情報(alt属性)を付けています。
    マウスなどの特定デバイスに依存することなく、キーボード操作のみにも対応しています。